【インデックス投資】HDVとは? – S&P500全構成銘柄ETFを分析

Stock

インデックス投資家に人気の、iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF「HDV」について分析、他ETF比較していきます。

※投資は自己責任でお願いいたします。

HDVとは?

HDV (iシェアーズ・コア高配当株ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。

  • あらゆる時価総額水準の株式銘柄を含むモーニングスター配当フォーカス指数に連動した投資成果を目指す。
  • 主に消費財、生活必需品、エネルギー、石油・ガス、電気通信セクターの企業に投資する。
  • 代表サンプリング手法を用いて保有銘柄のウエートを算定。
モーニングスター配当フォーカス指数とは

モーニングスター配当フォーカス指数は、モーニングスター(Morningstar, Inc.)が算出・公表する、米国株式市場において、米国高配当株で構成される指数(配当込み)をいいます

HDVの概要

HDVと他の人気ETFであるSPYDVOOと比較してみました(2020.05.28時点)

銘柄
(ティッカー)
HDVSPYDVOO
運用会社Black RockState StreetVanguard
ベンチマーク高配当米国株
モーニングスター
配当フォーカス指数
S&P500高配当
配当上位80銘柄均等
S&P500
構成銘柄数約75銘柄約80銘柄約505銘柄
コアセクターエネルギー
ヘルスケア
通信
不動産
金融
IT企業
ヘルスケア
ETF純資産58億ドル
(約6,000億円)
18億ドル
(約1900億円)
1,390億ドル
(約14兆円)
リバランス四半期半年
1月、7月
四半期
配当時期四半期
3月/6月/9月/12月
四半期
3月/6月/9月/12月
四半期
3月/6月/9月/12月
配当金利回り
(年率%)
4.36%5.64%1.68%
経費率
(年率%)
0.08%0.07%0.03%
設定日2011/03/312015/10/222010/09/09

配当金利回りが、高配当なのがが特徴的です。

配当金が高いということは、その分組み入れセクター構成も見ていく必要があります。

投資アプローチ

  • あらゆる時価総 額水準の株式銘柄を含むモーニングスター配当フォーカス指数に連動した投資成果を目指す。
  • 主に消費財、生活必需品、エネルギー、石油・ガス、電気通信セクターの企業に投資。
  • 代表サンプリング手法を用いて保有銘柄のウエートを算定。

セクター構成比率

HDVの組み入れ銘柄のセクター構成です。(2020.06.25時点)

https://www.blackrock.com/jp/ より

組み入れ上位10銘柄

VOOの組入銘柄は下記方針によって選定されます。

  • 主に米国の大型株を保有
  • S&P500種指数の全構成銘柄に投資
  • 四半期ごとに時価総額加重平均を用いて保有銘柄ウエートを算定しリバランス。

上位10銘柄は下記となります。(2020.05.28時点)

ティッカー銘柄名業種保有比率(%)評価額
TAT&T INC通信9.79542,780,936.88
XOMEXXON MOBIL CORPエネルギー9.15507,273,238.21
JNJJOHNSON & JOHNSONヘルスケア7.00388,162,064.79
VZVERIZON COMMUNICATIONS INC通信6.63367,509,742.12
CVXCHEVRON CORPエネルギー6.21344,589,950.43
PFEPFIZER INCヘルスケア5.27292,391,961.92
KOCOCA-COLA生活必需品4.07225,759,141.98
CSCOCISCO SYSTEMS INC情報技術4.06225,044,022.56
MRKMERCK & CO INCヘルスケア4.05224,723,455.32
PEPPEPSICO INC生活必需品3.64201,605,673.93

ヘルスケア、エネルギー、通信セクターの比率が高くなっています。

同じく米国株高配当ETFであるSPYDと比較して、不動産セクターの比率が低いのが特徴です。

HDVはモーニングスター配当フォーカス指数(Morningstar-Dividend-Yield-Focus-Index)を採用しているため

財務の健全性が高く、持続的に平均以上の配当を支払うことのできる、質の高い米国籍企業75銘柄で構成され、

配当として支払うことのできる資金余力(配当力)によってウェイト付けを行っています。

四半期に一度リバランスを行なっているなど、比較的安定した運用を目指していると思われます。

パフォーマンス

HDVの設定日が2011年と歴史が浅く、パフォーマンスをシミュレーションするのが難しかったのですが、コロナショックの動きがあっため過去のパフォーマンスをPortfolio Visualizerで検証してみました。

ポートフォリオグロース

同様に米国株高配当ETFである SPYD と比較してみます。

両方とも高配当銘柄のため同じような推移ですが、配当重視のSPYDと、財務健全性も重視するHDVで、ボラリティ(値動きの幅)に違いが出ているようです。

年リターン推移

まとめ

米国株高配当ETFであるHDVを分析してみました。

高配当重視ですが、モーニングスター配当フォーカス指数を使うなど、財務健全性もある程度重視しているため、比較的安定した運用を目指してるように見受けられました。

それでも暴落時にはマイナスリターンとなるためリスクマネジメントが重要になってきます。

特性を理解した上で、中長期視点でインデックス投資のポートフォリオのひとつとして組み入れたいETFでした。

※投資は自己責任でお願いいたします。

[関連書籍]

ポートフォリオの考え方を実例を多く説明されています。

そもそもインデックス投資ってなに?どうやるのかわかりやすく説明されています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA