MACD(マックディー)とは?チャートの見方と売買タイミング【ダン高橋氏のテクニカルトレード】

WallStreet

株やFXのテクニカル分析で使われる「MACD」とは?ウォール街出身のダン高橋氏の解説動画も紹介していきます。

MACD(マックディー)とは?

「Moving Average Convergence Divergence」

  • 移動平均線を応用したテクニカルチャート。
  • “MACDライン“と”シグナルライン”の2本のラインで相場を読む手法。

  • MACDライン
    長短2つの移動平均の差を1本で表したもの
  • シグナルライン
    MACDラインの値をさらにある期間で平均したもの

の2つを組み合わせて売買のタイミングを計ります。

MACDの見方と売買タイミング

MACDの売買タイミングの活用として、下記のような使い方がよくされます。

  1. 「MACDライン」が「シグナルライン」を下から上に突き抜けたとき【買い】
  2. 「MACDライン」が「シグナルライン」を上から下に突き抜けたとき【売り】 

MACDライン・・・価格の変化に敏感
シグナルライン・・・変化に緩やかに反応

MACDは、ゴールデンクロス・デッドクロスのような「買い」と「売り」を判断させるタイミングが、単純移動平均線と比べて格段に早く、相場の転換をより早く判断するのに有効と言われています。

テクニカル分析はそれぞれ得手不得手があるので、複数のテクニカル分析を併用すると確度が上がると言われています。

ダン高橋氏のYoutube動画

ウォール街出身の”ダン高橋氏”の解説動画でも、MACDの使い方がわかりやすく説明されています。

ダン高橋氏についてはこちらの記事を参考ください。

ダン高橋氏の書籍

ダン高橋氏の執筆した著作です。

あわせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA